水素水に含まれる活性水素の効能とは


最近、「水素水」が注目を浴びています。

温泉施設では良く売れていますし、週刊誌や雑誌でも頻繁に取り上げられているのを目にします。

2134005

実際に飲んでいる人に、どうして水素水を飲んでいるのかを訊いてみたところ、共通していた回答は健康や美容のために飲んでいるという点でした。

 

その水素水に含まれている「水素」は、構造が一番簡単で常温・常圧では無味・無色・無臭の気体です。

原子の中では一番軽く、単原子では酸素以上に活性度が高く他の物質と容易に結合する性質があります。

この原子上の水素は「活性水素」とよばれ、体内に入ると、すぐに活性酸素と結合して中和する働きがあります。

 

つまり、活性水素が体内の活性酸素を効果的に素早く消去してくれるのです。

活性酸素には善玉と悪玉の2種類があります。

善玉は体外から侵入した細菌やウィルスを、白血球がこの善玉活性酸素を利用して攻撃除去してくれます。

 

一方、悪玉の活性酸素が過剰に発生して体内に溜まってしまうと、細胞を酸化させたり細胞膜を破壊したりして様々な病気や老化、生活習慣病を含めた疾患の原因になってしまうのです。

疾患を減らすために期待されているのが「活性水素」です。

 

フランスのルルドの泉、ドイツのノウデナウの水は「奇跡の水」と称され、飲むことで様々な健康改善に効果を発揮したといわれていますが最近の研究で、これらの水には水素が多く含まれていることがわかっています。

水素水を選ぶポイントはコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です